メールの反応で脈を判断しよう

返信が遅い・返信が来ない場合は出会いの脈無し

出会い系サイトに限ったことではないのですが、相手にメールを送ったのになかなか返信が来ないということはよくあります。もちろん、相手には相手の生活がありますし、事情もあるでしょうから気長に待つことも大切です。

 

しかしながら、返信が遅い、返信が来ないということが続く場合には、脈なしと考えたほうがいいでしょう。変に期待しないほうがいいのです。

 

返信が遅い・返信が来ない状態なら期待は持たない

出会い系サイトで相手にメールを送っているのに、その返信が遅い、返信が来ないという状態が続くのであれば、その相手には期待を持たないようにしたほうがいいでしょう。というのも、先でもお話ししましたように脈なしの可能性が高いのです。

 

確かに、出会い系サイトを利用している方にもそれぞれの生活があるでしょう。仕事をしているという方もいるでしょうし、仕事とは別のことで忙しくしていることもあるかもしれません。

 

常に張り付いているという方もいるかもしれませんが、それはごくわずかです。ほとんどの方が何かをしながら利用しているのです。

 

そう考えると、返信が遅くなってしまったり、返信が来なくなってしまったりすることは不自然なことではありません。よくあることとも言えるでしょう。

 

しかしながら、それが続くという場合には、返信を遅くすることは返信をしないことが遠回しのお断りである可能性が高いのです。実際にこれまでの人生の中で、自分にとってあまり好ましくないメールを無視してしまったり、わざと返信を遅らせたりしたことのある方は多いでしょう。

 

もし仕事などで忙しくしており、返信が遅くなってしまったり、返信を忘れてしまったりすることがあっても、その忙しさがひと段落すれば普通にやり取りができるようになるはずです。ですが、理由をつけて「忙しい」と言いながら返信が遅くなったり、返信をしなかったりといったことが長く続くのであれば、それは遠回しのお断りなのです。

 

多くの場合、好きでメールを送っている相手であれば返信が遅いときや返信が来ないときに、相手が拒否しているという可能性は考えたくないものです。だからこそ、「仕事が忙しいのかもしれない」「何かあったのかもしれない」「体調が悪いのかもしれない」と返信が遅くなったり返信が来なくなったりする理由を一生懸命に考えるのです。

 

しかしながら、これは言ってしまえば一種の現実逃避です。もちろん、実際にいろいろな理由があって返信が遅くなってしまったり、返信ができなかったりすることもあるでしょうが、そういったことが続くのであれば期待はしないほうがいいのです。

 

期待せずに身を引くのが一番でしょう。

 

興味のある相手であれば返信は積極的にする

先でもお話ししましたように、いろいろな理由で返信が遅くなったり、返信ができなくなってしまったりすることはあるものです。ただ、冷静に考えてみると、興味のある相手であれば忙しい中でも時間を縫って積極的に返信するものです。

 

例えば、好きな人や気になる人からのメールであればそもそもメールが来るかどうかドキドキソワソワしながら待つことになりますし、メールが来れば飛びつくようにすぐ返信するでしょう。好きだからこそ、興味があるからこそ、返信にも積極的になるのです。

 

つまり、返信にあまり積極的ではないという時点でそこまでの興味を持たれていないのです。それどころか同情からとりあえずの返信をすることもありますし、メールが来ていること自体を忘れ去られてしまうようなこともあるのです。

 

脈ありなら返信にも積極的になり、脈なしなら返信にも消極的になるというのは自然な流れなのです。

 

返信が遅かい・来ない場合は見直しを

たまたま気になった相手と縁がなかったということもあるでしょうが、誰にメールを送っても返信が遅かったり返信が来なかったりするという方もいるかもしれません。そういう場合には、メールの見直しをしたほうがいいでしょう。

 

というのも、誰にメールを送っても同じような反応になるという場合には相手との縁がなかったのではなく、自ら可能性をつぶしてしまうようなメールを送っている可能性のほうが高いのです。実際に、こういった間違ったアプローチでせっかくの縁をダメにしてしまっている方は少なくありません。

 

聞いてもいないのに自分のことを一方的に話している内容となっていないか、大して仲良くもないのに相手への質問攻めの内容になっていないか、意味のないメールになっていないか、極端に長いメールもしくは短いメールになっていないか……こういったところを改めて見直していきましょう。メールを受け取った相手が負担を感じるようなメール、不快感を抱くようなメールであれば、そのせいで相手の反応が悪くなっているのです。

 


▲ ページTOP