意味のないメールは送らないように

意味のないメールで女性会員の時間を奪うことはやめよう

出会い系サイトを利用していると、意味のないメール、中身のないメールが送られてくることがあります。こういったメールというのは相手を不愉快にさせてしまいますし、相手の時間を奪うことにもなります。

 

特に、利用する際は意味のないメール相手の時間を奪うようなことはしないようにしましょう。これはひとつのマナーとも言えます。

 

意味のないメールは嫌われる

これは出会い系サイトに限ったことではないのですが、意味のないメールは嫌われるものです。というのも、意味のないメールというのは受け取る側も返し方に困ってしまいますし、そういう意味のないメールを送ってくる側に対して悪い印象しか抱かないのです。

 

女性に意味のないメールを送っても許されるのは普段からそういうやり取りをしているような仲の相手か、男性としてこれ以上ないほどの魅力を持った相手くらいのものです。注意しておきましょう。

 

では、意味のないメールというのは具体的にどのようなものなのでしょうか?これはメールを受け取る女性がそう感じるものすべてと言えるのですが、よくあるパターンをご紹介しましょう。

 

まず、挙げられるのが「何してる?」というメールです。男性としては女性会員が何をしているのか知りたいのでしょうが、そのメールを見ている時点で出会い系サイトを利用している可能性が高いわけです。

 

それに大して仲良くもないのに、今何をしているのかというプライベートなことをなぜ教えなければいけないのでしょうか?女性にしてみれば、「何で教えなきゃいけないの?」という気持ちも出てきますし、束縛の激しい男であるかのように受け取られてしまう可能性も出てきます。

 

次に、「何か話そうよ」というものです。男性としては、女性会員と話をしたいからこそ話を振っているつもりなのでしょう。

 

しかしながら、女性にしてみれば知らない男性から突然話しかけられた挙句、「話題を提供しろ」と言われているようなものなのです。話したいのは男性であって、女性ではありません。

 

男性がその女性と話したいと思ったのであれば、話題は男性のほうが考えるべきですし、男性が会話を盛り上げる努力をするべきです。話したいけど、話題も盛り上げるのも女性任せというのは言語道断、論外です。

 

よくあるふたつのパターンを挙げましたが、他にも「やっほー」といった本当に意味のない一言だけのメールを送る男性はいるものです。こういった男性は出会い系サイトに限らず、普段のLINEでのやり取りやSNSなどでも同じようなことをしているかと思います。

 

ハッキリ言ってしまうと、大して仲良くもない相手にそういった内容を送り続けているのであればいつまであってもいい出会いをつかむことはできないでしょう。気になる女性がいても、そういった意味のない内容で嫌われるばかりです。

 

意味のないメールは時間を無駄にさせる

意味のないメールというのは、女性会員を不愉快にさせますし、場合によっては不安感や恐怖感といったものを抱かせてしまうこともあります。だからこそ、意味のないメールを送る男性は嫌われるのですが、意味のないメールというのは時間を無駄にさせてしまうことにもつながってきます。

 

というのも、出会い系サイトにおいて女性会員というのは少ない傾向にあります。そのため、基本的に多くの男性会員で奪い合う形になるのです。

 

つまり、女性会員というだけで数多くの男性会員からアプローチを受けることになるのです。当然、受け取るメールというのはかなりの数になるでしょう。

 

チェックしきれないほどのメールが来れば別ですが、基本的に女性会員は送られてきたメールに一通り目を通すものです。そういった中に意味のないメールがあると、貴重な時間を無駄にしてしまうのです。

 

感覚としては、忙しいときに無駄な仕事を増やされるのに似ているかもしれません。面倒に思いますし、げんなりとしてしまうのです。

 

意味のないメールを送ってしまった時点で、関係が発展する可能性は消えるといっても過言ではありません。それほど罪深いものなのです。

 

また、出会い系サイトを利用している女性会員の中には年齢的な部分で焦っている方もいます。「彼氏いない歴=年齢」だからこそ焦っているという方もいるでしょうし、もう何年も彼氏ができないからと焦っている方もいるでしょう。

 

結婚を視野にいれているという女性もいるでしょうし、妊娠・出産の年齢のことで焦っていることもあります。ある程度の年齢を重ねてくると、時間というのは本当に貴重なものになりますし、重要なものになるのです。

 

だからこそ、その時間を無駄に奪うようなメールは嫌われますし、場合によっては怒りや憎しみを生んでしまうのです。

 


▲ ページTOP