ライバルがいても出会えます

たくさんのライバルを押し退け女性と出会えるメールの書き方

出会い系サイトの会員というのは、女性のほうが少ない傾向にあります。そのため、ひとりの女性にたくさんの男性が群がることになります。

 

つまり、男性にとってはかなり競争の激しい世界になるのです。そういった中で、たくさんのライバルを押し退けて出会うためには、メールの書き方というものをきちんと理解しておかなければいけません。

 

きちんとしつつも親しみやすく

出会い系サイトを利用している男性は多いでしょうが、男性にとってはライバルも多い場所でもあります。そのため、お目当ての女性がいるのであれば、たくさんのライバルを押し退けていかなければいけないのです。

 

ご存知のように出会い系サイトというのは、相手を見つけたからといってすぐに直接対面するものではありません。気になる相手を見つけたら、まずはメールでやり取りをしながら仲を深めていくのです。

 

相手にアプローチするための第一歩がメールになりますので、書き方というのは思っている以上に重要になってきます。書き方を意識するだけでも、反応というのは違ってくるものです。

 

ファーストメールを含めて、最初のうちはきちんとした感じを出しつつ、親しみやすさも出していくようにしましょう。お互いに相手のことを知らない状態でやりとりをするのですから、ファーストメールを含めて最初のうちはですます調の程よい長さの文章を意識していきましょう。

 

男性の場合、メールは普段からあまりしないという方も多いですし、素っ気ない文面を送っている方も少なくありません。句読点を省略する方もいますし、それこそ「わかりました」「そうなんですね」といった一言だけを送ることに何の違和感がないという方もいます。

 

ファーストメールに関しては、タイトルにも気を付けておかなければいけません。おそらくほとんどの方が「はじめまして」というタイトルでを送ることになるでしょうが、考えることはみんな同じです。

 

女性にしてみると別々の男性から同じようなタイトルのメールがわんさか来るような状態になってしまいますので、「はじめまして」は使わないようにしましょう。気になって思わず本文をチェックしたくなるようなタイトルが理想です。

 

本文に関してはくどくどと書き連ねる必要はありません。はじめましての挨拶とどういう経緯で送っているのか、何が気になったのかを簡単に説明しつつ、共通の趣味などの質問を投げかけるといった感じでOKです。

 

質問がないと受け取って終わりになってしまうこともあるのですが、質問を投げかけておくと返事をもらえる可能性がぐっと高まります。

 

提供した話題に必ず触れること

メールが続くようになったら、女性の提供した話題に必ず触れることを心がけていきましょう。基本的に男性よりも女性のほうがメールには積極的ですし、コミュニケーションを楽しもうという気持ちが強いものです。

 

例えば、「今日はいろいろあって大変だった〜。そろそろ晩御飯の時間だけど、○○さんは今日何食べる予定なの?」というメールをしてきたとします。男性の中には、最後の質問に対する答えしか返さないという方もいるかもしれません。

 

しかしながら、ここで「お疲れ様。愚痴なら聞くよ!ちなみに、今日の晩御飯は生姜焼きの予定です。」といった返しをしておくと、女性からの印象もぐっとよくなってくるのです。振った話題にしっかりと触れつつ、共感の姿勢を見せるのはとても大切です。

 

仲良くなってくると愚痴を聞いてもらおうとしたり、悩み相談に乗ってもらおうとしたりすることもあります。もともと女性はいろいろとおしゃべりしたい生き物なので、本音の部分では面倒に感じる部分があってもと出会うためにもしっかりと対応していきたいものです。

 

男性は愚痴や悩み相談に対して、アドバイスで返そうとする部分があります。もちろん、男性は男性でよかれと思ってアドバイスをしているのですが、女性が求めているのはアドバイスではありません。

 

求めているのは共感の姿勢なのです。自分に寄り添ってくれる男性に対して、女性は好意を抱きやすいものです。

 

このように女性の出した話題に触れつつ、共感の姿勢を見せるといったことをおこなっていれば、途切れることはないでしょう。それに、女性のほうが「会ってみたい」と思ってくれる可能性も高まってきます。

 

出会い系サイトで出会うためには、普段は面倒でしないような会話をすることが大切になってきます。普段はあれこれ考えないし、そもそもあまりメールをしないという方でも、しっかりと成果を上げるために書き方を意識してみましょう。

 


▲ ページTOP