プロフィールには嘘がない程度にアピール

出会い系プロフィールでは嘘がない程度にアピール

出会い系サイトで出会いを探す際には、やはり相手のプロフィールをチェックするものです。自分が相手のプロフィールをチェックするように、相手もまた自分のプロフィールをチェックしているということを忘れてはいけません。

 

利用する方のほとんどが相手のプロフィールをチェックしますし、プロフィールを重視します。つまり、プロフィールの書き方がひとつのポイントになってくるのです。

 

嘘がない程度のプロフィールを

出会い系サイトにおいては自分が誰かのプロフィールを見るように、自分もまた誰かからプロフィールを見られることになります。だからこそ、プロフィールの書き方がひとつのポイントになってくるのですが、大前提として嘘はつかないようにしましょう。

 

というのも、この場合の嘘というのは基本的に自分をよく見せようとするためだけの架空の記載ことです。要は、自分の見栄のためだけの嘘になります。

 

こういう嘘というのは、人を傷つけます。相手のために嘘をついて傷つくのが自分だけであればいいのですが、自分のために嘘をついて人を傷つけるというのはもっともやってはいけないことです。

 

仮に嘘をついて出会い系サイトを利用していても、結局困るのは自分です。せっかく仲良くなっても「嘘つき!」と嫌われてしまう可能性もありますし、嘘をつき続ける罪悪感で押しつぶされるようなこともあるかもしれません。

 

ただ、その一方で嘘でもつかないと自分に自信が持てないという方もいるかもしれません。そういう場合には、嘘がない程度のプロフィールに仕上げていくようにしましょう。

 

もし過去に就職活動や転職活動をしたことがあるという方であれば、そのときの感覚を思い出しましょう。誰もが嘘がない程度に言い換えるといったことをおこなっていたはずです。

 

例えば、「オタクでライトノベルばかり読んでいる」というのと「熱中しやすいタイプで、趣味は読書です」というのとでは印象がまったく違うかと思います。嘘をつくのではなく、いい印象を与えられるような言葉に言い換えればいいのです。

 

プロフィールはあくまでもきっかけ

出会い系サイトにおけるプロフィールというのは、あくまでもきっかけです。ユーザーはキーワードなどで検索をかけたり、掲示板などをチェックしたりして、その中から何人かのプロフィールをチェックし、いいなと思った相手にアプローチをするのです。

 

プロフィールを見た段階ですべてを決めるわけではありません。だからこそ、嘘がない程度であれば、プロフィールをちょっとよく見せたり、盛ったりするのはいけないことではないのです。

 

興味を持ってもらうという意味ではプロフィールは重要ですが、もっと重要なのは興味を持ってもらった後でのやり取りです。どれだけ魅力的なプロフィールを作り上げて公開していたとしても、やり取りがうまくいかないのではそれこそ見掛け倒しになってしまいます。

 

トラブルを招くこともあるので要注意

悪意があろうとなかろうと、嘘のプロフィールというのはトラブルを招くこともあります。プロフィールを作成した後には、改めて最終確認をするようにしましょう。

 

特に、結婚を見据えての真剣なお相手を求めている方や婚活を兼ねて出会い系サイトを利用している方というのは、ひとつひとつの出会いに対して本当に真剣に向き合います。そういった相手と仲良くなって、関係が進展していったときにプロフィールの嘘が発覚してしまうと大変なことになります。

 

例えば、職業をちょっとふざけて公務員にしていたのを忘れていて、相手に本当の職業を伝えたら相手が逆上してしまうということもあるかもしれません。結婚を考えて相手を探している場合には、プロフィールに書かれている情報はよく吟味されることになるでしょうし、それが本当のことであることを前提に相手はやり取りをすることになります。

 

実際に会っていて、お互いに結婚の話も出ていてという状態で嘘が発覚すると、それこそ裁判沙汰になってしまう可能性もあります。ただ、嘘をついていたのであれば、それがどのようなものであれ嘘をついていたほうが悪いということになるでしょう。

 

出会い系サイトのほうもさすがに嘘をついているユーザーをかばうことはできません。嘘をついていたのであれば、どのような結果になってしまっても自業自得ということになるのです。

 

せっかく安心安全に出会いを楽しめる出会い系サイトなのに、自ら危険の種をばらまくようなことはやめておくべきです。自分も良いお相手を探しているからこそ、嘘のプロフィールが大きなトラブルを招く可能性もありますので、嘘はないようにしておきましょう。

 

嘘がない程度にアピールするためのプロフィールというのは、出会い系サイトを安心安全に使っていくためのコツでもあるのです。

 


▲ ページTOP