出会い系サイトで女性からメールが来たら出会える

最終更新日 2021年3月9日

監修・著者 出会い系サイト愛好家 石渡 徹

出会い系サイトを利用していると、女性から積極的にメールが来ることもあるでしょう。くるというのは、出会えるチャンスが高まっている証でもあります。

 

もし、来るようになっているのであれば、実際に会う方向へそれとなく話を持って行ってみるといいでしょう。チャンスを逃さないようにしたいものです。

 

積極的な行動が出会い系サイトでは良い兆候

 

出会い系サイトを利用していく中で、男性がメールをもらうようになるということもあるでしょう。これは良い兆候と言えます。

 

というのも、もともと女性会員のほうが少ないので、数多くの男性会員が群がることになるのです。

 

嫌でもいろいろなメッセージを見ることになりますし、その中で「この人なら……」と思えるようなお相手はほんの一握りです。中には、仲良くしたいと思えるようなお相手がおらずにうんざりしているような人もいるかもしれません。

 

そういった中で、積来るということは「この人なら……」と思ってもらえているということですし、仲良くしたいと思ってもらえているということでもあるのです。要は、群がっている他の男性会員からは頭ひとつ分くらいは抜き出た存在として認識されているということなのです。

 

それに、出会い系サイトというのはよほどのことがない限り、男性会員からのメールを受け取ることになります。極端な言い方をすると、女性であるというだけでたくさん来るような状態なのです。

 

そのため、受け身になりやすいですし、たくさん来るからと調子に乗ってしまって完全に選ぶ立場でふんぞり返ってしまう人も少なからずいます。そういった中で、自ら送ってくるというのは、大きな意味があります。

 

女性がアプローチしたいと思うような要素を男性会員が持っているからこそ、連絡してくれるわけです。出会いに対して積極的になっている兆候ですので、実際に会うという話になるまでにはそう時間はかからないでしょう。

 

【この記事も読んでみよう】
意味のないメールで女性会員の時間を奪うことはやめよう

 

メールが来たからといってがっつかないこと

 

先でもお話ししましたように、女性から積極的にメールが来るというのはとても良い兆候です。しかしながら、来たからといってがっつかないことです。

 

というのも、メッセージをし合う間にも相手の男性会員のことをよく観察しているものです。思っている以上にドライで現実的なので、ここで油断してしまうと去ってしまいます。

 

女性から連絡をしてくれるからといってがっついてしまうと、すっと引いてしまうでしょう。がっついてしまうと「軽そう」「飢えてそう」と思われてしまう可能性があるのです。

 

中には自分のほうから積極的に「会おうよ!」と言うタイプもいるでしょうが、多くの場合はやはりそれを男性会員のほうから言ってほしいという気持ちを持っているものです。ただ、「会おう」と切り出すタイミングが重要になってくるのです。

 

ちょっとメッセージが来たからといってすぐに「会おう」と言ってしまうと、先のようにがっついた男だと思われてしまいます。会いたい気持ちが高まっていても、タイミングを見極めることが大切なのです。

 

では、どのようなタイミングで切り出せばいいのでしょうか?会いたいと思っている場合、その気持ちをそれとなくにおわせてくることがあります。

 

「○○さんと一緒にいたら楽しそうだね」「○○さんとなら会話が盛り上がりそうだね」といった具合に、もし実際に会ったらどうだろうかということを話している場合には、それが遠回しなサインである可能性もあります。ちょっと冗談めかして「じゃあ、実際に会ってみる?」といった風に男性会員が言ってみると、乗ってきてくれるかもしれません。

 

もし、そういったにおわせるような発言がない場合、自分のほうがそういったにおわせる発言をしてみてもいいでしょう。そのときの反応を見て、実際に会うことを切り出すかどうか決めるといいかと思います。

 

どちらにしても女性会員から積極的にメールが来ているのであれば、それは出会えるチャンスです。しかしながら、そこでのアプローチの仕方を間違ってしまうとせっかくのチャンスを無駄にしてしまいます。

 

がっついていると思わせないように、実際に会う方向に話を持っていくようにしましょう。それこそが腕の見せ所です。

 

【この記事も読んでみよう】
出会い系サイトのメールの書き方はタイトル名で決まる

 

 

監修・著者 出会い系サイト愛好家 石渡 徹

▲ ページTOP